image:秒刊SUNDAY

警察による捜査の過程や方法について、度々報道されることがありますが、今回のケースも大きな注目を集めるところとなりそうです。既に確認している方も多いかと思いますが、覚醒剤の使用を巡る事件で被告に無罪判決が言い渡されました。その理由としては、何と警察官が被告の飲み物に薬物を混入させた疑いがあるためとのことです。にわかに信じ難い出来事ですが、その報道がネット上でも話題になっています。

覚醒剤の使用を巡る事件、被告に無罪判決

話題になっているのはこちらの内容です。

記事によりますと、

板津正道裁判長は、警察官が取り調べ中に覚醒剤を被告の飲料に混入させた疑いがあり、「自己の意思で覚醒剤を摂取したと認めるには合理的な疑いが残る」として無罪を言い渡した

とのことで、もしこれが事実であれば大事となります。

板津裁判長は、警察官が被告の見ていない場所で飲料を準備し、被告がお茶の味に異常を感じたことなどから、「採尿前に提供した飲料に覚醒剤が混入していた可能性は、相当な確からしさを持っている」と結論づけた。

とも記載されており、警察官が飲料に薬物を混入したかどうかは未確定ではあるものの、強い疑いを持っていることが窺えますね。

引用:読売新聞

ネット上では「酷すぎる」と非難殺到

この事件、内容が内容だけに多くの人が注目しているようです。

特に上記記事の様々な疑惑から警察官への非難的な投稿が続々寄せられる事態となっています。

「もしこれが事実なら、かなりの重大事件」「賭け麻雀なんかよりこっちを本腰入れて調べろよ」「もし報道のとおりなら該当の警察官を厳しく処分・報道してください」など、厳しい意見が続々と寄せられています。

また、今後も調べが進むにつれて世間からの注目はより大きくなっていきそうですね。

様々な可能性を考える人も

警察への批判的な声以外では、様々な可能性を考慮した意見も多く見られます。

「仮に薬物の混入が事実だったとして、そこまでして逮捕したかった理由はなんだろう」「そもそもなんで今回のこと気付けたのか不思議」といった疑問の声や、「被告の弁護士が有能だっただけでは」といった別の面からの考察も寄せられています。

確かに現時点では未確定の部分や過程の不明さが多く、”どちらの言い分が正しい”と判断するのは難しい状況です。

とはいえ、国民からの信頼が求められる警察という組織、今回の事件もはっきりと真偽を確認してほしいですね。

警察ではこんな話題もありました。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「覚醒剤事件、警察によるでっち上げの疑いが浮上、ネット上では早くも批判殺到