image:Pixabay

先日からIOCの発言や菅首相の会見が注目されているオリンピックの話題。先日から五輪参加選手へのコロナウイルスに対するワクチンの優先接種も問題視されており、「今の状態では無事にオリンピックを開催するのは難しいのでは」と感じる人が非常に多くなっています。そんな中、東京五輪・パラリンピック組織委員会のある動きが「あり得ない」と批判を集めています。

東京五輪・パラリンピック組織委員会、看護師500人の確保を依頼

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、緊急事態宣言が決定となり多くの人の生活が変わろうとしています。

そんな中、問題視されている事柄のひとつがオリンピック開催です。

Q:今の感染状況の中で 東京オリンピック・パラリンピックの開催は可能と考えるか?
A(菅首相):
#東京五輪 について、IOCは開催をすでに決定。政府としては東京、組織委、IOCと連携し、安心安全の大会ができるように、対策を講じていく。

上記のように菅首相もオリンピック開催に関して十分な回答をしているとは言い難く、会見内容そのものにも否定的なコメントが多く寄せられていました。

そして現在、東京五輪・パラリンピック組織委員会のある動きが非常に大きな注目を集めています。

東京五輪・パラリンピック組織委員会が日本看護協会に対し、大会期間中の医療人員として看護師500人の確保を依頼したことが26日、分かった。

引用:時事ドットコム

上記報道によりますと、東京五輪・パラリンピック組織委員会が看護協会に対し看護師500人の確保を求めたとのことです。

ただでさえ医療従事者の負担が大きくなっているこの状況での要請ということで、ネット上では続々批判が寄せられることとなっています。

元々、開催そのものが不安視されている東京オリンピックですが上記の一件でますます反感を集めることとなっているようです。

「正気じゃない」と批判殺到

ネット上に寄せられている反応の一部を紹介しますが、肯定的な反応はほとんどありません。

寄せられている感想は「このタイミングで看護師500人確保依頼とか今の状況を考えるとどう考えても悪手だと思うんだけどな」「今でも医療崩壊直前なのにどこから人員を確保できる。組織委はコロナ感染の国難を理解していない」「正気とは思えない。いい加減にして欲しい」といった痛烈な批判が続々と寄せられる事態となっています。

緊急事態宣言だ! 色んな業種を潰すぞ! GWも潰すぞ! 給付金は雀の涙で、時間もかけるぞ! 税金は下げないし、むしろ上げるぞ! 営業してないか巡回するし 夜には電気を消させて 禁酒法時代の再来もしてみよう! それでもオリンピックはやるし、期間中に看護師500人の確保依頼もするぞ! バカかw

単純な批判だけではなく上記のように緊急事態宣言や他の施策も含めてオリンピック開催のための人員確保を非難する声も上がっています。

同様の意見は現在も続々と増えており、今後しばらく批判は続くところとなりそうです。

オリンピックに関しては運営スタッフに対する人件費に関しても非難を集めていました。

source:時事ドットコム

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「五輪開催に向け看護師500人確保要請、正気の沙汰とは思えないと批判殺到