image:秒刊SUNDAY

亀田製菓の主力商品、ハッピーターン。あまりにも有名なお菓子なので知らない人はほとんどいないと思いますが、有名すぎるが故に手に取ることを忘れているという方も少なくないはず。そんなハッピーターンの本体とも呼べる甘じょっぱいあの粉、そうハッピーパウダーを大量に摂取すべく再現してみることにしました。

ハッピーパウダーっぽいレシピがクックパッドに!

ある程度舌には自信があるものの、あの複雑な味のハッピーパウダーを再現するのは難しい・・・と思っていたら、なんとクックパッドにそれっぽいレシピがありました!

グラニュー糖 50g
コンソメ 20g
クリーミングパウダー 19g
塩 2g
味の素 7g

なるほど、これを混ぜるだけでいいのか!いっちょやってみっか!

参考:クックパッド「ハッピーターンの粉」

「ハッピーパウダー」を作っていきます!

材料の準備が出来たので、誰もが夢見る白い粉「パッピーパウダー」を自作していきます。

image:秒刊SUNDAY

こいつらを混ぜれば・・・量が多くなりそうなので、レシピの半分で作っていきます!

image:秒刊SUNDAY

おっと、コンソメの粒が大きくて混ざらないかも・・・

image:秒刊SUNDAY

レシピを見直してみると、ミルサーが必要なようです。うーむ、どうしたものかな・・・とりあえずスプーンで潰してみたのですが、全然砕けないので諦めました。口の中に入りゃきっと同じだ!

image:秒刊SUNDAY

ハッピーターン(本物)に乗せて食べてみることに

ちょっとだけパウダーを口にしたところ、ハッピーパウダーかどうか判定できませんでした。よく考えたら、ハッピーパウダーをそのまま口にしたことがないので判定出来ないということに気づきました。

image:秒刊SUNDAY

そんなわけでハッピーパウダー(自作)をハッピーターン(本物)にたっぷり乗せて食べてみたところ・・・うん、これは近い!ちょっと味にばらつきがあるけど、これはミルサーを使わなかったせいなので仕方なし!ミルサーでコンソメを粉砕できれば、本当に近い味になるはずです。

image:秒刊SUNDAY

「お餅」にまぶしたらウマいかも

実は子どもの頃に考えて、実現していなかったことがあります。それはハッピーパウダーでお餅を食べること!急いで餅をレンチンしたところ、加熱しすぎて残念な状態になってしまいました。

image:秒刊SUNDAY

このくらい伸びたほうが美味しいかもね、と思いつつハッピーパウダーを餅に絡めていきます。

image:秒刊SUNDAY

いっただきま~す!・・・うへへへ、うめぇ!子どものころからの夢が叶った瞬間。トロトロのお餅とハッピーパウダーの甘じょっぱさは絶妙で最高!もう少しパリパリ感が欲しかったので、トースターで焼くのが正解だったかも。

image:秒刊SUNDAY

パリパリ感が欲しいのなら、ハッピーターンと一緒に食べればいいじゃない。元々どっちも「米」なんだから問題なし。トロッサクッ!甘じょっぱ~い!最高のコンボが襲ってきて、もう止まらない!

image:秒刊SUNDAY

ミルサーがなかったため残念ながら完全再現とはなりませんでしたが、それでも十分にハッピーパウダーに近い「白い粉」が出来上がりました。おにぎりにしたりドリンクにしたりと夢が広がりますが、それはまた別の機会に。今回も美味しくできました、ごちそうさまでした!

そういえば10年ほど前に「ひんやりハッピーターン」なるものがありました。その数年後に「ひんやりヨーグルトハッピーターン」とかいうのも出ていたので、そろそろひんやりシリーズの新作が出てこないか期待しています。

source:亀田製菓「ハッピーターンスペシャルサイト」

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ハッピーターンのハッピーパウダー、どこまで再現できるか試してみた結果