東京都もいよいよ3回目の緊急事態宣言が発令されるとの見通しで、ネットでも「またか」という意見があるなか「もうなれた」という意見もあり、3回目が果たして有効になるのかまだまだ未知数ではあります。そんな中、このGW期間中の緊急事態宣言が一体なぜ行われるのか、衝撃的な説が囁かれております。

3回目の緊急事態宣言は4月29日〜5月9日

さて3回目の緊急事態宣言は4月29日〜5月9日となると報道されております。おいおい、ちょっと待て、それってほぼGW全部じゃないの?と思う方も多いハズ。それと同時にそんな短い期間で抑え込むことが出来るのか、疑問視する声も。

ちなみに前回、前々回の緊急事態宣言はこのような状況でした。

2020年1回目
4月7日〜5月21日 → 44日

2021年2回目
1月13日〜2月28日 → 46日

2021年3回目
4月29日〜5月9日 → 10日

おいおい、10日で抑え込むっていうのか。今までの経験上なかなかそれは難しい状況ではあるので、おそらくまた伸びることは想定内かと思われるが、なぜこのような短い期間なのか、ネットではとある説が囁かれている。

IOCバッハ会長が5月17日に来日

東京都緊急事態宣言も、夏休みの宿題よろしく、その期間中に終わらせておかねばならない、そういうはからいなのでしょうか。これぞ日本のおもてなし。そうんな声もちらほらあるようです。

果たして、緊急事態宣言3回目は本当に10日間で抑え込むことが出来るのでしょうか。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「東京都緊急事態宣言が「GW潰し」となった衝撃の説が話題に