image:秒刊SUNDAY

スタミナをつけたい時、やっぱり「にんにく」を食べるのが手っ取り早そうな気がします。にんにくといえば餃子やペペロンチーノあたりが有名ですが、今回は最も簡単に作れる「にんにくの炊き込みごはん」を作ってみます。これ、生姜焼きととんでもなく相性が良いので、そちらも併せて作っていくことにしました。

「にんにく」を丸ごと使った炊き込みご飯を作ります!

いわゆる「ガーリックバターライス」なのですが、面倒なので炊き込んでいきます。材料はこちら!

【にんにく丸ごと炊き込みご飯+生姜焼き】2~3人前

・にんにく 中1個   ・米 2合

・バター 20g   ・めんつゆ 大3

・豚肉 200g   ・生姜焼きのタレ 適量

彩りに粉パセリか青粉があるとベストです。

image:秒刊SUNDAY

米を研いで水を吸わせている間に、にんにくの皮を剥きます。おそらくいちばん時間がかかるところなので頑張りどころです。チューブのにんにくでもいいのですが、せっかくなので「にんにく」を丸ごと摂りましょう。

image:秒刊SUNDAY

米が2合なので水の量は380ml~420ml程度、バターとめんつゆを加えて炊いていきます。筆者は土鍋を使っていますが、炊飯器でももちろんOKです!

image:秒刊SUNDAY

炊きあがったら、蒸らしている間に生姜焼きを焼きましょう。これは生姜焼きのタレで焼くだけ、生姜焼きというのがポイントですよ。

image:秒刊SUNDAY

「にんにく丸ごと炊き込みご飯+生姜焼き」を盛り付けます

台所が「にんにくの香り」に占領されている状態ですが、決して臭いというわけではなく食欲をそそります。バターとめんつゆの香りも同時にしてきて、これはたまりません!

image:秒刊SUNDAY

「にんにく丸ごと炊込ごはん」をお皿に盛って、彩りの青粉をパラパラと。

image:秒刊SUNDAY

生姜焼きを添えたら出来上がり!くふぅ~、これは絶対に当たりのヤツ!

image:秒刊SUNDAY

いよいよ「炊き込みご飯」実食です!

いっただきまーす!・・・に・ん・に・くっっ!ガーリック!うめぇぇぇぇぇぇ!!!にんにくがいい感じで柔らかくなっている上に香りが最高!

image:秒刊SUNDAY

そして「にんにくごはん」と「生姜焼き」のハーモニー・・・これこれ!これなんです!ガリバタの旨味と豚肉の脂に生姜のピリ辛感、完璧なジャンクフード!こんなの一瞬で皿の上が消えますよ!

image:秒刊SUNDAY

とりあえずガツンとくるモノが食べたくなった時、本当に簡単に出来るので作ってみてはいかがでしょうか。とにかく生姜焼きとの相性が抜群なのですが、おそらく味の濃いおかずに合うと思いますので色々とお試しください。今回も美味しく出来ました!ごちそうさまでした!

このにんにく炊き込みご飯って「生姜焼きのタレで食べる納豆」と一緒に食べると美味しいような気がします。

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「にんにくを丸ごと入れる炊き込みご飯、生姜焼きとの相性が抜群過ぎて箸が止まらない