ドラクエウォーク

image:秒刊SUNDAY

ドラゴンクエストウォークのドラゴンクエスト35周年を記念したイベント「ドラゴンクエストⅡイベント」がいよいよ中盤に差し掛かってきました。ドラクエ1に続きまさかのⅡのイベントが開始されるという衝撃的な展開はファンを喜ばせているのですが、ここに来て少々新しい武器に疑問符がつくようになってきました。

ドラゴンクエストⅡイベントで新しい武器が登場する

先程公開された「スマートウォーク」にて、ドラゴンクエストⅡイベントにおける新しい武器「いかずちのつえ」が紹介されております。

これは、ドラゴンクエストⅡにおいて登場するムーンブルクの王女が装備する最強の武器です。

またその他にも「みずのはごろも」「みかがみの盾」など、ドラクエⅡをやっていれば「おおっ」と心ときめく防具も登場。

ファンを喜ばせるわけですが、しかし最近の武器防具のインフレ状況を踏まえると「いかずちのつえ」「みずのはごろも」「みかがみの盾」はイマイチ、パッとしない。

ドラクエⅡにおいてはたしかに最強。しかしこれはドラクエⅡではなく「ドラクエウォーク」

従って従来の武器なんかより、より新しい強力な武器防具があってしかるべきです。

更に問題点があります。

「いかずちのつえ」なのに「雷」が使えず

ドラクエウォーク

image:秒刊SUNDAY

おいおい、と思うのがこちら「いかずちのつえ」なのに雷は使えない。

代わりに何故か「イオナズン」及び「イオマータ」という新しいイオ系の魔法が使えるようになる。

実はこの杖、過去の作品でも道具として利用すると「バギ」だったろ「ベギラマ」だったりかなりブレている。

従ってドラクエにおいて「いかずち」が意味するものが「雷」という固定概念は存在しない。

ということで「イオ系」が使えるという点に関し、今更何をという話なのだ。

いずれにせよ、雷は使えないことに変わりはないのだ。

ただしネットでは疑問の声が寄せられている。

なぜイオ系なのか…その理由は

ドラクエウォーク

image:秒刊SUNDAY

さて「いかずちのつえ」が雷を使えないことは従来からそうだ。

それは理解した、ではなぜ「イオ系」なのか。

それにはこの武器が登場する前の武器である「ルビスの剣」と「ハーゴン」が関係している。

ルビスの剣は420%のデイン属性、つまり雷属性である。

つまり、いかずちのつえで、ギガデインが使えるようであれば、デイン系武器が2連チャンとなり、意味がない。

また、それらを踏まえると恐らく「ハーゴン」の弱点は「デイン」「イオ」となる。

属性をかぶらせないためにも、この武器を「雷」ではなく「イオ」にしたのではなかろうか。

何度もいうが、この世界においていかずちとは「雷」ではない。

「はやぶさの剣」「いかずちのつえ」「みかがみの盾」「みずのはごろも」

これらを装備出来るだけで、ドラクエⅡファンは大満足だろう。

あ、そうすると勇者の最強武器「いなずまの剣」はどうなるのでしょうか。

デイン系で、ルビスの剣などと、またかぶる恐れがあります。

来年のドラクエⅡ復刻イベントに期待したい。

Source:ドラクエウォーク公式

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ドラクエウォーク、新装備「いかずちのつえ」何故か雷使えない理由