ドラクエウォーク

image:秒刊SUNDAY

ドラクエウォークで、5月17日に実装された新しいシステム「錬成」。しかしながら、プレイヤーの思いとは裏腹に、全く役に立たない見事なまでのショボ過ぎる仕様ですぐさま炎上。公式ツイッターには「もう少しロトの剣に愛情を持て」など批判が殺到しておりました。しかしながら、このシステム、よく考えるとかなり有益で、かつ恐ろしい狙いがあるようです。

ぶき錬成システムとは

image:秒刊SUNDAY

ぶき錬成システムとは、その名の通り、武器を改良し、更なるスペックアップを狙うものです。例えば、「改2」となれば「ギガスラッシュ」は「ギガスラッシュ改」となり、与えるダメージが230%から255%となります。

つまり、持っている古い武器を覚醒させ、使える武器にするシステム…

と思いきや実はそうではないようです。何故ならば「ギガスラッシュ改」にしたところで、現在最強とされる同じデイン系武器「はぐれメタルの剣」にある「はぐれ雷光絶火」は、なんと280%。

錬成していない「はぐれメタルの剣」に遠く及ばないのです。

つまり、錬成する必要性はないのではないか…。というのが現在の問題点。しかし、この錬成システム、本当にそれだけのシステムなのだろうか。

今回は、この錬成システムに関し、単純に武器強化を行うだけでない、運営陣による真の狙いを考えてみました。

真の狙いその1:導きのかけらを有効活用できる。

image:秒刊SUNDAY

現在、このアプリ攻略に使われるポイントシステムとしては以下のようなものがあります。

1 ジェム:課金用通貨
2 ゴールド:ドラクエウォークにおけるお金
3 導きのかけら:シナリオ攻略に使う
4 マイレージ:ガチャ補助券など様々なアイテムと交換
5 スラミチメダル:アイテムと交換
6 ルーラポイント:ほこらにルーラするために使う
7 イベント用メダル:期間限定アイテムと交換

など。

その中で3の「導きのかけら」は6000を超えると上限に達してしまう。かつ、シナリオ攻略が終わると使いみちはなし。

その際の有効活用ルートとして、今回の錬成時に使われるのが「導きのかけら」。つまりシナリオ攻略が終わったプレイヤーへの措置および有効活用だ。

真の狙いその2:廃課金プレイヤーへのサービス

image:秒刊SUNDAY

現在ドラクエウォークは、シナリオ攻略および、イベント攻略を終えると、正直やることがなくなる。

特に廃課金プレイヤーは、常に新武器を手に入れる為にガチャを回す。新武器を手に入れれば、当然攻略も早くなり、イベントが終了前に攻略は完了。更に、そこまで行くと、面倒なレベル上げも現在の上限Lv75まで達成しているはず。すぐにやることがなくなる。

そうなると、廃課金プレイヤーは飽きてしまい、他のソシャゲに流出してしまう。それを阻止するため、レベル上げとは別に、新たな概念「武器レベル」というものを導入。

武器ごとにレベル上げをさせれば、しばらくそれでやり込むであろう。ちなみに武器レベルは以下のような経験値が必要

改1 500Exp ★竜王ダメージ10%
改2 1500Exp ★ギガスラッシュ改 255%
改3 2000Exp ★ドラゴン系に20%ダメージ
改4 10000Exp ★エフェクト追加

※1回の戦闘で武器経験値は10Expほどもらえます。

最終段階改4まで進むには、単純計算で1400回ほど戦う必要がある。更に、改レベルは4の上もあると想定すれば、もはや廃課金プレイヤーは永遠にレベル上げができるのだ。

これで運営側としてもしばらく離脱率も下げられそうでWin-Winです。

真の狙いその3:4凸すれば、はぐメタ装備を超える

image:秒刊SUNDAY

とはいえ、少しは期待したいのが本音。これじゃあどうなんだ…と落胆した方は安心して良いかもしれない。実は考えようによっては「はぐれメタルの剣」を超える威力を発揮します。

それはズバリ「ロトの剣4凸改」です。

4凸すればスキルの斬撃・体技ダメージ+20%アップします。そうなると、4凸ギガスラッシュ改は275%となります。

更に相手がドラゴン系であれば20%上乗せされるので、4凸ギガスラッシュ改は295%(ドラゴン系)となり、はぐれ雷光絶火の280%を超えます。

通常時は、さすがに新しい武器である「はぐれメタルの剣」を超えることはないが、ドラゴン系ならば、ロトの剣が凌駕する。

これはある意味夢が広がりませんか。

※もちろん同じ状況におくには「はぐれメタルの剣」を4凸してしかるべきですが…

ということで、様々な可能性を秘めた「錬成」。運営は今後一体どのような手を打ってくるのでしょうか。このゲームにおける本当のラスボスは運営なのかもしれない。

参考:ドラクエウォーク公式

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ドラクエウォーク、錬成は実はショボくない運営の「真の3つの狙い」