ドラクエウォーク

image:秒刊SUNDAY

もはや日常の一部となってしまった「ドラクエウォーク」。毎日敵と戦闘し、アイテムを集め、ジェムを集め、そして溜まったらガチャを回す。一体何の目的で、どんな理由で冒険をしているのかは分からないのですが、それでも我々はドラクエウォークをやる必要があるのです、目的などなくていい、楽しければ。という理由です。そんな中、こちらのアップデートがヤバすぎるのです。

戦闘中に起こる悪い効果の調整・・・それって・・・

ドラクエウォーク

image:秒刊SUNDAY

さて既にご存じの方は多いのかもしれませんが、最近気になるアップデートが行われております。具体的なバージョンに関しては記載がないのですが、本アップデートは2.10.0では確認済みです。

内容によると

1.即死・吸収が「状態異常」「不利な状態変化」の複数条件に誤って分類されていたので「その他」へ統一。

2 .スキル「まもりのたて」を以下のように調整
・縦に守りの加護を宿し自分がかかる状態変化とすべての状態異常を防ぐ。
(斬撃・体技耐性減少)

とされております。

1はさておき、2は単純に「まもりのたて」の影響範囲が広がったという上方修正のように感じますが、これってバトルマスターのあの技を使うとどうなるのか?相殺されるの?という疑問を持つ方は多いハズ。なので実際やってみた。

バトマス「すてみ」での悪い効果なくなる?

ドラクエウォーク

image:秒刊SUNDAY

さて、さっそく「まもりのたて」を使い、その状態で「すてみ」をやってみましょう。バトルマスターの「すてみ」はその名の通り、攻撃力があがるも反面、受ける斬撃・体技ダメージがかなり増えるという「諸刃の剣」のようなスキル。

しかし「まもりのたて」をしているので、今回のアップデートで「斬撃・体技ダメージ」が減るという悪い効果は、相殺されるはず・・・

そこで実際にやってみると・・・

ん?「Miss!」

ドラクエウォーク

image:秒刊SUNDAY

Miss!と出るということは「すてみ」そのものがミスったということか?

否、しっかり「攻撃力+2段階上昇」は付与されている。

つまり「すてみ」をすることによる悪い効果は「まもりのたて」により、相殺。結果「攻撃力+2」のみが残ったようです。これは嬉しい。

ただし、デメリットとしては、2ターン消費してしまうということぐらいしか無いのですが、「まもりのたて」は必需品であり、攻撃力を上げる「バイシオン」から攻撃力を2段階アップにするには2ターン必要。

以上を加味すれば、実質プラマイゼロ。

これってバトルマスター上方修正と言っても過言ではないのでは・・・と思うわけですが、これが仕様なのか、不具合なのかは不明。しかし、上記のアップデート告知の仕様を踏まえると、理論上これは「仕様」と思えるわけです。

ということで、SSランクの実装も噂される中、今後「すてみ」+「まもりのたて」はバトマスにおいて大いに利用価値の高い攻略法となるでしょう。

Source:ドラクエウォーク公式

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ドラクエウォーク、バトマス「すてみ」のぶっ壊れアップデートがヤバ過ぎる