ディズニー グーフィー

image:秒刊SUNDAY

世界中で人気のキャラクター「ディズニー」。もはや有名になりすぎて、可愛いとか面白いとかそういう定義を外れ、超越的で神聖化した存在です。そうなってくると決して触れてはいけない、ご法度的なネタが多数存在します。その中でこちらの件に関しては、あまり真実が語られていないのですが、実はあの「グーフィー」にまつわる衝撃的な事実が話題となっております。

グーフィーは犬ではない?

ミッキー・ミニーはネズミ。ドナルドダックはアヒル。

では「グーフィーは?」と質問されれば、多くの方が犬。と答えるでしょう。

しかしながらグーフィーは犬ではなく「牛」である可能性が浮上しております。

海外メディア「Mirror誌」によると、グーフィーが犬か牛どうか、Facebookで議論が勃発しているという。

よく考えてください。完全な「犬」であれば犬のキャラクターが別に存在します。それは

ディズニー プルート

image:秒刊SUNDAY

「プルート」です。

プルートは完全に犬でしゃべることも出来ません。

また「ネズミ(ミッキー)」「アヒル(ドナルドダック)」「犬(プルート)」とこれば、また同じ犬であるのはおかしい。

以上をふまえるとグーフィーは犬ではないというのです。

では「グーフィー」は何なのか。ネットの噂通り「牛」なのだろうか。

公式の紹介は…

何はともあれ、公式ホームページの紹介を見てみるのが手っ取り早いのです。

ということでまずはプルートがこちら

ミッキーの忠実な愛犬プルートは、ひとなつっこくていたずら好き。
48の主演の他、ミッキーマウスやドナルドダックとの共演作もたくさんある人気者。

引用:ディズニー

愛犬と記載がありますので「犬」であることは確定しております。

続いて、グーフィーの記載は以下です。

気立てがよくて、のんびり屋さん。1932年に『ミッキー一座』で、ピーナッツのふくろをかかえて笑っている見物客のディピー・ダウグとしてデビューしました。その後、そのおとぼけぶりが注目され、『ミッキーの芝居見物』(1934)でグーフィーという名がついたといわれています。

引用:ディズニー

「見物客」という時点で、動物ではない事がわかります。

また「犬」と名言もしておらず、なんと、さらにナゾは深まります。

グーフィー声優ビル・ファーマーいわく「グーフィーは…」

実はこの議論について、グーフィーの中の人である声優「ビル・ファーマー」氏が、米国YAHOOにて真実を語っております。

それによると…

「彼は犬ではありません、プルートは犬ですが、グーフィーはただのグーフィーです。」

引用:YAHOO.com

なんと、グーフィーはグーフィーだった。

よく考えれば確かに、架空のキャラクターにおいて、現実的な「犬」とか「ネコ」など決めつけるのは筋違い。

ドラゴンボールで言えば、ピッコロが何の動物なのかとか、フリーザが何を模しているか、とか。

それと同じ議論なのかもしれない。グーフィーはグーフィー。

ちなみに、日本が誇る人気アニメ「アンパンマン」に出てくるめいけんチーズは「犬」。

しかし、それ以外は人間でないことが明らかになっている。

いずれにせよ、キャラクターを安易に動物として決めつけるのはよくないことですね。

SOURCE:MirrorUK

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「マジか、ディズニーの「グーフィー」実は犬ではない事が判明、本当の正体は…