image:秒刊SUNDAY

カレーといえば、日本人が大好きな国民食だ。しかし、元をたどると日本食ではなく「インド」から伝わってきたもので、それをアレンジして日本風に仕上げているのが我々が馴染み深いカレーである。そんなカレーの発祥であるインドカレーを食べるには、当然インドカレー屋に行ったほうがよいが、こちらはそんなインドカレーと日本を美味くハイブリッド化した料理となっている。

秋葉原にあるインドカレー屋

image:秒刊SUNDAY

ということで「秋葉原」にあるインドカレー屋・・・といえばこちらの「ラホール秋葉原」を思い浮かべる方も多いのかもしれない。

平日でありながら多くの客が利用しており、人気の高いインドカレー屋なのである。インドカレーというとどうしても「ナン」というイメージが強いが、こちらは米が中心。なので日本人でもとっつきやすいのがポイントだ。

ということでオーソドックスに「チキンカレー」を注文。ちなみに、インドカレーと日本風カレー両方選べる。

image:秒刊SUNDAY

ということでインド風チキンカレーを注文。

店の情報によると、独自のルーは厳選したスパイスを最高の技術でブレンドした本格的インド風カレーと、それを更にスパイスを加えた、ブラックカレー。小麦粉のルーに時間と手間をかけた日本風カレーなど様々なカレーをご用意しております。

引用:ラホール

とのこと。どうやら、完全なるインドカレーというよりかなり日本風に寄せたインド風カレーという感じであり、ある意味オリジナルなインドカレーと言っていいのかもしれない。

image:秒刊SUNDAY

インドカレーにはあまりみられない「福神漬」も日本風カレーっぽさを感じる。また米は国産米なので、この辺は日本である。ということで早速いただく。

image:秒刊SUNDAY

独特のスパイスが非常に良い。パンチがあり、鼻にツンと抜けるこの感覚はまさにインドカレー。しかし国産米のおかげなのか、辛すぎず甘さも感じられる。そして福神漬が更に味わいに深みを与えてくれる。

まさにインドと日本のハイブリッドなカレーと行っても過言ではないのかもしれない。チキンの煮込みも絶妙で、グデグデ過ぎず、硬すぎない。味が染み込んでいる。

インドカレーで重要なのは、実は後味だと個人的には考えている。その後味もしっかりと舌にじんわりと感じるわけで、その点はかなり好感触だ。

100%のインドカレーではないが、この中間もありなのかもしれない。

ということで秋葉原のラホール。是非とも一度は訪れていただきたいインドカレー屋だ。

ラホール 秋葉原店 (La hore)

営業時間:11:00~20:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

公式サイト:ラホール外神田店

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「秋葉原の本格派インドカリー「ラホール秋葉原」のカレーの味わいが絶妙過ぎて放心状態レベル