マクドナルド

image:秒刊SUNDAY

マクドナルドでいちばんお得なハンバーガー、諸説あると思いますが「チキンクリスプ」ではないでしょうか。110円でしっかりとしたチキンとイエローマスタード、そして他の200円未満の商品にはほとんど入っていないレタスがたっぷり。しかもチキンパティは200円の「チキチー」と全く同じ!それならチョイ足しで「チキチー」に出来るのでは・・・実際に試してみました。

「チキンクリスプ」コスパ最強説!

筆者も思っておりました、チキンクリスプのコスパが最強なんじゃないかと。コンビニなら中身だけで150円はしそうな鶏むねパティに、イエローマスタードソース&レタスにバンズまで含んで110円。どうやったってお得!完全にお得!最高にお得なハンバーガーなんです!

110円「チキンクリスプ」を200円「チキチー」にセルフグレードアップ!

チキンクリスプとチキチー、よく比較されますが大きく違うところはおそらく3つ。

・バンズのゴマの有無
・ソース
・チーズの有無

これを変えるだけで、果たして「チキンクリスプ」を「チキチー」にすることが出来るのどうかの実験です。

image:秒刊SUNDAY

ちなみに「チキンクリスプ」と「チキチー」の包装紙は全く同じモノ。中身によって包み方を変えているんですね・・・これ、注文を間違えてしまいそう。

image:秒刊SUNDAY

中身を見てみたのですが、やはりチーズの有無とソースの違いくらいです。

image:秒刊SUNDAY

「チキンクリスプ」をチョイ足しで「チキチー化」していきます

まずはレタスのソースを洗い流します。イエローマスタードソースをレモンソースに変えるため、面倒ですがしっかりと洗いましょう。

image:秒刊SUNDAY

バンズに炒ったゴマを貼り付けるという、非常に地味な作業も怠ることは許されません。

image:秒刊SUNDAY

ここでいちばん重要な「レモンソース」の作り方です!完全の我流ですが、かなり近いソースが出来上がったのでご紹介します!

【マクドナルド「レモンソース風」】材料(チキチー1個分)
・マヨネーズ 大2
・砂糖 小1/2
・レモン果汁 小1/2
・クリープ 小1
・味の素 少々

材料をよーく混ぜるだけ!

image:秒刊SUNDAY

サラダにかけてもOKそうな「レモンソース」が完成しましたー!

image:秒刊SUNDAY

レンジで5秒温めたチェダーチーズを挟んでから洗ったレタスを戻し、作ったお手製レモンソースをたっぷりと。

image:秒刊SUNDAY

炒った白ごまを貼り付けた「バンズ」を乗せたら、完成です!上から見るとほぼ同じに見えますね。

image:秒刊SUNDAY

「チキンクリスプ」は「チキチー化」出来たのでしょうか・・・

見た目は合格、チーズもチェダーチーズを使っているので問題ないはず。

image:秒刊SUNDAY

断面図もご覧の通り!肝心の味はソースに微妙な差があったものの、同時に食べ比べなければほとんどわからないレベル。実験的なことでいえば大成功だったのですが・・・

image:秒刊SUNDAY

価格差が90円なのですが、チェダーチーズと白ごまに調味料まで考えると素直に「チキチー」を買ったほうが良さそう。時間も30分ほどかかるので、冷めてしまうという欠点もあります。そんなわけで結論!

「チキンクリスプをチキチーにすることは可能だが、労力がハンパないのでやめたほうがいい」

チキチーが食べたくなったら、チキチーを買いましょう・・・ごちそうさまでした!

マクドナルドといえば、4月21日から販売されている「マックシェイクミルキーのままの味」が異常に美味しいんです!一度飲んだら絶対にハマりますよ、筆者も完全にハマってしまいました。

source:マクドナルド公式サイト

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「マクドナルド、110円“チキンクリスプ”にちょい足しして、200円“チキチー”にする方法