コロナワクチン

image:秒刊SUNDAY

今やマスクをつけることは人類の常識となっております。たとえ、新型コロナウイルスが撲滅したとしても、また次のウイルスがやってきます。そう考えるとイタチごっこの様な気も致しますが、国民はもううんざりです。そんな中、救世主となっているのが「ワクチン」です。今回そんなワクチン接種を行った証であるバッジをつけて、マスク必須店舗に入店を試みました。とんでもない結果になりました。

マスク必須店舗は数多くのコンビニで存在する

image:秒刊SUNDAY

さて、マスク必須店舗はコンビニをはじめ、数多くの店舗に存在します。

筆者の近くにあるコンビニでも「マスク必須」と書かれた張り紙があります。

ではこの店に「ノーマスク」で入店したらどうなるのか。

もしかしたら、怒られるのではないか、もちろんそれは承知の上です。

しかし、ある日マスクを本当に忘れ、仕方なくノーマスクで入店。

すると、案の定店員に「最近ウイルスの感染が増えておりますので…。」と会計時に叱られた。

当然のことではあるが、なんとかならないものか。

そこで疑問なのが「ワクチン」を打てばノーマスクで行けるのか。

ただ現在65歳以上と医療関係者など一部の人しか受けられない。

そこで今回、ネットで「ワクチン接種済みバッジ」を入手。

このバッジをつけていれば、どのような効果があるか確認出来るはずである。

さっそく効果を確認してみた。

ワクチン接種済みバッジは有効か

image:秒刊SUNDAY

ということでこちら「ワクチン接種済み」バッジを付けて入店してみた。

店内に入るといつもと変わらず店員が忙しく接客。

特に関わられなかったので、そのまま店内で商品をとり、レジに持っていく。

するととんでもない事実が発覚します。

商品を購入、とんでもない事実が発覚

image:秒刊SUNDAY

こちら商品を購入。

すると店員は、忙しいのか、いつもと変わらず対応。金額チェック・ポイントカードの有無・支払い方法…。

それらプロセスをこなすことに集中し「バッジ」には一切気づかない。

そもそも、このバッジの有効性は相手に気づいてもらえて成立する。

あまり見慣れないこのバッジは、単なる「アクセサリー」でしかなく、全く無効。

ということとで、結論として「接種済みバッジ」はあまり意味がない。

今後証明書が発行されるかもしれない

今後政府は接種済み証明書の発行を検討しているという。

もう少しオフィシャルな証明書が出てこれば認知度もあがり、対応も変わるのかもしれません。

現時点では、気づかれないのでやはり「マスク」は必須だ。

Source:時事ドットコム

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「マスク必須店舗で「ワクチン接種済バッジ」は有効か、衝撃的な結末に