image:pixabay

アメリカでは4月にイースターというキリスト教の復活祭があり、家族や友人とごちそうを食べたり、様々なお菓子を食べたりするようです。準備した食べ物の中でもチョコレートをペットの犬が食べてしまう。この想像するに容易なトラブルですが、まさかの死にいたる中毒を起こす危険性があることをご存知でしょうか?

専門家は犬のチョコレートの危険性と中毒の兆候について警告

チョコレートには化学テオブロミンが含まれており、猫や犬の消化器系では分解できないため、致命的となる可能性があります。チョコレート中毒の影響は、食べるチョコレートの量と種類、ペットのサイズと品種によって異なります。

ダークチョコレートはテオブロミンのレベルが高い傾向があり、ホワイトやミルクの品種にも含まれているのでチョコの色に関わらず注意が必要です。

チョコレート中毒の症状とは?

image:pixabay

注意すべき一般的な症状は以下の通りです。

・嘔吐
・重い急速な呼吸
・心拍数の増加
・落ち着きのなさ
・下痢

これらの症状は、摂取後4〜24時間のいつでも発生する傾向があります。

犬が食べて良いチョコの代替品といえば?

ペットのお誕生日などお祝いイベント用で犬にケーキを出すようなこともあるかと思います。
このような場合に、犬が食べても問題ない食材とはなんでしょうか?

スプーン一杯のピーナッツバターは、犬の食事に健康的な脂肪とタンパク質を提供するチョコレートの安全な代替品と言えます。ニンジンは歯の健康を改善するのに役立ち、犬にとってビタミンAの素晴らしい供給源です。

また、バナナはカリウムとビタミンが豊富な素晴らしいおやつですが、糖度が高いため、与える頻度は少なめに。

チョコレート中毒の兆候を示した場合の対処法

image:pixabay

まずは地元の獣医に電話する
最初のステップは、医師の診察を受けることです。これにより、長期的な影響を防ぎ、短期的な影響を最小限に抑えることができます。

嘔吐を誘発しようとしない
あなたのペットが消費したチョコレートの量が致命的であると恐れるならば。
嘔吐は非常に危険である可能性があるため、無理に嘔吐させないでください。代わりに、できるだけ早く専門家の助けを求めてください。

チョコレートタイプを確認
消費されるチョコレートの種類に注意してください。
これは、死亡レベルを判断する上で大きな助けになります。たとえば、ダークチョコレートはホワイトチョコレートよりも危険です。

詳細情報を確認する
ペットの体重や消費量などの詳細は、医療専門家が犬にとってどれほど毒性があるかを判断するために不可欠です。必ず現場の状況を確認し整理しておきましょう。

まずは対処する本人が落ち着く!

ペットへのダメージを最小限に抑えるには、時間と正確さが最も重要な要素です。
あなたが落ち着くほど、あなたはあなたのペットの回復を助けるための正しい解決策を見つけることができるでしょう。まずはその場の状況を把握しましょう。

小さな子供も同じですが、ペットがいる家は言葉を喋らないペットの為にも、置いておく食べ物には気をつけて生活したいですね!

ペットフードといえば、こんな記事がありました。
ペットフードを一流料理人が美味しくアレンジした結果 がすごいと話題に!

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「犬に「チョコレート」を与えると深刻な事態になると判明