ビル・ゲイツ

Windowsの生みの親、そして世界的な大富豪としてしられる、Microsoftの創設者兼CEOの「ビル・ゲイツ」氏が、この度離婚を発表した。27年連れ添った妻(メリンダ・ゲイツ)との別れは一体どのような理由だったのだろうか。しかしネットではそんな離婚の理由の発端が、どうやら「コロナワクチン」にあるのではと勘ぐっているようだ。

ビル・ゲイツ「離婚します」

ビル・ゲイツは公式ツイッターで以下のように発表。

熟慮と多大な関係改善努力の末、結婚生活を終わらせることを決めた。共同で設立したビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)を通じた慈善活動は継続するものの、夫婦として共に成長することができなくなった

と説明し、27年の夫婦生活に終止符を打つこととなったようだ。彼らは世界屈指の富豪であり、保有資産額は推定1300億ドル(約14兆円)とされている。

引用:フランス通信(AFP)通信社

ネットでは「財産分与はどうなるのだろうか」「税金対策かな」などお金に関する話題でもちきりだが、一方でこのような話が持ち上がっている。

ビル・ゲイツワクチン陰謀論の始まり

ビル・ゲイツワクチンとは、ビル・ゲイツが目論む、人口削減計画のひとつ。ビル・ゲイツがワクチンを買収し、世界の人口を減らすなどの制御を行うため、ワクチンにマイクロチップを埋め込むという衝撃的な陰謀論。

もちろん根拠はまったくなく、多くの方々がこれを「デマ」と考えている。しかし、一方で今回の離婚が、そのビル・ゲイツワクチン陰謀論の序章に過ぎないのではないかと勘ぐる人も少なくない。

果たして「ビル・ゲイツワクチン陰謀論」は本当に存在するのか、それともただの都市伝説なのか、今後もまだまだビル・ゲイツの動きに注目したい。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ビル・ゲイツ離婚で「ビルゲイツ ワクチン」陰謀論が再燃、終わりの始まりか