アポロチョコ

image:秒刊SUNDAY

アポロチョコを溶かすと美味しそう。言葉だけ聞けば何となく美味しそうだなと感じるのかもしれない。実際にネットでは、アポロチョコが溶けた状態のものを冷やして事なきを得たという報告があり、おおいにバズっているのですが、それを実際にやってみたところ、とんでもない大惨事となった。

アポロチョコ、溶けるも冷蔵庫に入れると事なきを得る

さて事の発端はこちらのツイート。アポロチョコが、車の中で溶けて液状になるも、冷蔵庫に入れて見事板チョコ状となり、無事に食べられる状態となったということです。

むしろこれが「美味しそうだ」とコメントする人もいるように、たしかにこのチョコレートは美味しそうです。

しかし、これを実際にやってみるとどうなるのか、そもそもうまくいくのか、そんな疑問が、ふつふつと湧いてくるので実際にやってみることにします。

実際に溶かしてみた

image:秒刊SUNDAY

さて実際にアポロチョコを溶かしてみます。

チョコレートを溶かすと言っても、通常チョコレート菓子は、溶けにくいように作られているので簡単には溶けない。したがって電子レンジなどを使い強制的に熱を加え、溶かすことにする。が、しかしこの作戦が後にとんでもない悲劇を生むのです。

image:秒刊SUNDAY

ということでチョコレートが溶けました。中身を見ると、うーん。まだアポロっぽさが残っていて、とても板状とは言えない状況。もう少し熱してみます。

しかし、熱すれば熱するほど、電子レンジから嗅いだことのない「悪臭」が放たれる。その後白い煙のようなものが噴出。どうやら電子レンジの中でアポロチョコは焦げてしまったようです。

アポロチョコが焦げる

image:秒刊SUNDAY

悪臭と白煙を放つアポロチョコの箱を恐る恐る開けてみると、中には完全に溶融したアポロチョコがあるのですが、なんと既に溶けるどころか、液体を超えて気体に気化してしまった状態のチョコレートが無残にも残っていたのです。

その結果、板チョコとは程遠い、得体のしれない別のカスとなってしまう。

image:秒刊SUNDAY

中身を開けてみると、最早そこにはアポロチョコではなく、炭となった悲しい姿の物体が転がり、板チョコどころではないことを悟らされる。

ここで発覚したことがあります。

アポロチョコを電子レンジで溶かすと失敗する

image:秒刊SUNDAY

どうやらこの電子レンジでアポロチョコを溶かすという方法、失敗するようです。

チョコレートの水分が蒸発し焦げてしまうようです。しかし、どうやらこれを成功させる方法があるようで、例えば耐熱容器に入れてチョコレートを細かく切り刻むなどすれば、効率よくチョコレートが溶けるようです。

ということでもし同じようなことをやってみたいという方、是非ともそのまま電子レンジの中にアポロチョコを入れないようにしてください。

Source:@can_chiku

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「アポロチョコ「溶かすと美味そう」やってみた結果、理想と現実が閲覧注意レベルの大惨事に