image:Pixabay

野生動物による被害は一定の頻度で確認されています。お互いに注意を払っていれば防げることも多いですが、それでもこれからの季節でアウトドアを楽しむ機会が増えるとクマといった野生動物によるリスクも増えます。そんな風に恐ろしいと感じるのは言うまでもなく野生の動物たちが少なからず危険であるからですが、ある調査によればアメリカ人は様々な動物に喧嘩で勝てると考えているとされ、ネット上で話題になっています。

アメリカ人の約8%がゴリラに勝てると考えていることが明らかに

話題になっているのはこちらの調査結果です。

調査を行ったのはYouGovという英国のデータ収集及び分析を行う企業です。

英語表記ではありますがイラスト・グラフを見て頂ければ概ねの意味は理解できます。アメリカ人のおよそ8%はゴリラや象、ライオンと喧嘩して勝つことができると考えているとのことです。6%の人はなんとグリズリーに勝てると考えているというのですから驚きです。

状況にもよるでしょうが一体、どのように勝利するつもりなのか疑問です…。

「アメリカ人の何割かは超人か」「瞬殺だと思う」と驚きや呆れの反応

この調査結果に関してはネット上でも話題となっており、様々な反応が集まっています。

「アメリカ人の1割ほどは超人らしい」「即死でしょ」「脳筋過ぎる」「ジョークなのかマジなのかわからない」「そんなことできるならYouTuberになった方が良い」といった流石に無謀ではと感じる人の声が多く投稿されています。

他には「武井壮か」といったツッコミや漫画バキシリーズでお馴染みの「素手でグリズリーに勝てるって範馬勇次郎じゃん」といったコメントも。

ちなみに武井壮さん本人は以前にTwitterにて「俺は倒せるからいいけど」と投稿していました、流石です。

その一方で「アメリカ人っぽくて好き」といった反応もあり、良くも悪くも”らしい”と思う人が多いようです。

とはいえ「野生の動物に遭遇したら安全第一で行動するべき」といったもっともなコメントも多く、その通り争いを避ける行動を取るのが賢明でしょう。

動物に関する事柄ではライオンを怒らせた恐ろしい動画も話題になっていました。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「アメリカ人の約8%がゴリラやライオンにタイマンで勝てると思っていることが判明か、無謀過ぎると話題に