※動画配信は終了しました。
 今年に入り、株価がバブル崩壊後の最高値を更新するなど投資熱が高まる中、資産運用に関する初めての展示会が開かれました。
 「500円玉と比べて、はるかに大きいこの金貨。お値段は1枚でおよそ1億7000万円です」(記者)

 展示会では、重さ12キロを超える金の延べ棒や、2000万円のダイヤなど、高額な“現物資産”が数多く展示されました。一方で、実体のない「ビットコイン」などの“仮想通貨”への関心も高く、平日にも関わらず、セミナーへの申し込みは1000人を超えていました。

 「仮想通貨は将来を期待して持っている。100倍ぐらいは行ってもらいたい」(定年退職者)
 「(資産は)2~3億円はあるんじゃないか。子どもたちにどんな形で残していこうか考えている」(会社経営者)

 「資産運用EXPO」は、25日から27日まで東京ビッグサイトで開催されています。(25日14:08)