警視庁高井戸警察署の男性警部が東京・立川市の路上で女性に抱きついたとして現行犯逮捕されました。警部はその後、釈放されています。
 都の迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されたのは警視庁高井戸警察署に勤務する刑事組織犯罪対策課長代理の男性警部(42)で、今月6日未明、立川市内の路上で女性に抱きついた疑いが持たれています。警視庁によりますと、警部は当時、酒に酔った状態だったということで、駆けつけた警察官に身柄を確保されたということです。

 警部は既に釈放されていて、警視庁は任意での調べを進めています。(13日16:08)