政府は、天皇陛下が2019年4月30日に退位することを正式に決定しました。「平成」は再来年の4月30日に幕を下ろすことが決まりました。
 「ご退位は200年ぶりのことであって、憲政史上初めてのことでもあります」(菅 義偉 官房長官)

 政府は8日朝の閣議で、天皇陛下の退位日を2019年4月30日と定める政令を決定しました。「平成」はこの日に終わり、翌日の5月1日に皇太子さまが新しい天皇に即位し、元号が改められることになります。

 政府は退位や即位の儀式のあり方など具体的な準備を本格化させるため、年明けに菅官房長官をトップとする検討委員会を設けることにしています。(08日12:48)