献血から製造する血液製剤について、国内メーカーによる輸出・販売がおよそ50年ぶりに解禁されることになりました。
 血液製剤は1960年代にベトナム戦争の負傷者に使われたとの疑いが出たことが原因で1966年に輸出が禁止され、海外への販売は認められていません。

 厚生労働省は国内で使われず廃棄されている血液製剤を有効活用するため、海外への輸出・販売を解禁する検討をしていて、年内にも決定する見通しとなったことが分かりました。

 厚労省は輸出の狙いについて、医療への貢献のほか、国内メーカーの海外展開などとしていますが、「国内向け」としてきた献血の前提自体が大きく変わることになります。(14日14:12)