東京・調布市の路上で女性にわいせつな行為をしたとして、都内の通信制大学に通う井樋葉月容疑者(20)が警視庁に逮捕されました。
 井樋容疑者は先月6日、面識のない20代の会社員の女性に後ろから抱きつきスカートに手を入れて下半身を触るなど、わいせつな行為をした疑いが持たれています。井樋容疑者は、共産党の都議会議員・井樋匡利氏(54)の長男で、取り調べに対し「ストレスがたまっていて、魔が差した」などと容疑を認めているということです。

 調布市内では今年に入り、同じような手口による被害が数件相次いでいるということで、警視庁はいずれも井樋容疑者による犯行とみて裏付けを進めています。(14日18:16)