与野党は加計学園の獣医学部新設問題の審議を行うため、質問時間をめぐる協議を続けてきましたが、与党側80分、野党側160分と1:2の割合で実施することで合意しました。15日の衆議院・文部科学委員会で質疑が行われることになります。
 与党側が「5:5」を求めるのに対し、野党側は「野党8:与党2」を主張して平行線を辿っていましたが、与野党が協議した結果、与党側80分、野党側160分の「1:2」とし、今回の時間配分を前例としないことを条件として、15日の委員会を開会することを決めたものです。

 15日の委員会は、午前から4時間の予定で行われることになりました。(14日18:06)