13日、東京・台東区の路上で、金塊の取引を終えたばかりの男性が、持っていた現金およそ1億9000万円を3人組の男に盗まれました。
 13日午前11時半頃、台東区台東の路上で「現金を入れていたキャリーバッグが盗まれた」と交番に届け出がありました。キャリーバッグを持っていたのは金塊およそ46キロの取引を終えたばかりの中国籍の男性(47)で、バッグの中には現金およそ1億9000万円が入っていたということです。

 調べによりますと、男性が歩いていたところ、3人組の男が「ポリス、パスポート」と声をかけ、男性が立ち止まった隙にキャリーバッグを持って逃げたということです。逃げた3人は35歳ぐらいで青っぽい上下の服を着ていたということで、警視庁は多額窃盗事件として行方を追っています。(14日16:42)