14日午前、宮崎県日南市で、ごみの収集にあたっていた男性作業員が収集車に右手を巻き込まれ、動けなくなり、およそ2時間半後に救出されました。
 ごみ収集車を取り囲み、のぞき込む消防隊員たち。14日午前8時半過ぎ、日南市役所で収集車にごみを入れる作業にあたっていた40代の男性作業員が右手を巻き込まれ、動けなくなりました。

 一緒に作業をしていた同僚が消防に通報し、消防隊員らが収集車の車体に穴を開けるなどして、およそ2時間半後に男性を救出しました。男性はドクターヘリで病院に運ばれ、右手首に骨折の疑いがあるものの、命に別状はないということです。(14日16:15)