80代の女性から現金500万円をだまし取ったとして、映像公開されていた詐欺グループの現金受け取り役の男が警視庁に逮捕されました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは山形県米沢市の無職・後藤真寿実容疑者(35)で、今年8月、東京・港区に住む86歳の女性に対し、息子を装って「書類と1200万円の小切手を盗まれた。500万円だけ準備して欲しい」などとウソの電話をかけて、現金500万円をだまし取った疑いが持たれています。

 後藤容疑者は詐欺グループの現金受け取り役で、先月3日、警視庁が犯行の前後を捉えた映像を公開して行方を追っていました。

 取り調べに対し、後藤容疑者は「公開された映像を見て捕まると思い、実家に帰った」「金がないので、すぐに出来るアルバイトとしてやった」と容疑を認めているということです。(14日14:02)