ニューヨークの国連本部で、「平和」や「女性活躍の推進」をテーマに日本人女性グループによる和太鼓の演奏が行われました。
 13日、ニューヨークの国連本部に現れたのは、日本人女性7人によるパフォーマンス・グループ「COBU」。躍動感ある和太鼓の演奏を披露しました。これは、「平和への取り組み」や、「女性活躍の推進」について広く知ってもらおうと、日本政府国連代表部などが主催したものです。

 「女性活躍に向けた団結をどう示すかを考える、ユニークな機会をご提供したい」(別所浩郎 国連大使)

 パフォーマンスが終わった後には、和太鼓を実際に演奏してみるワークショップも行われ、各国の国連大使や、会場に見学に来ていた子どもたちも、一緒になって「和のリズム」を体験していました。(14日10:11)