2020年の東京オリンピック・パラリンピックでメインスタジアムとなる新国立競技場について、大会後は球技専用のスタジアムに改修されることが決定しました。
 「新国立競技場を東京大会終了後に球技専用スタジアムに改修して、サッカー、ラグビーの日本代表戦などの主会場とする」(鈴木俊一 五輪担当相)

 新国立競技場の整備について、14日午前開かれた関係閣僚会議で、パラリンピック大会終了後は、陸上トラックの部分に観客席を増設して8万人規模の球技専用スタジアムに改修することが決まりました。サッカー・ラグビーの日本代表の試合のほか、コンサートなども開催して収益性を高める方針です。

 このほか、国が所有権を持ったまま運営権を民間に売却する「コンセッション方式」や、競技場に名称をつけられる「ネーミングライツ」の導入も検討されているということです。(14日13:30)