東京・中野区の老人ホームで入所者の男性を浴槽で溺死させたとして元職員の男が逮捕された事件で、男が直前に男性の首を絞めていたとみられることが分かりました。
 この事件は、中野区にある老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」で元職員の皆川久容疑者(25)が入所者の藤沢皖さん(83)を溺死させたとして、殺人の疑いで逮捕されたものです。

 皆川容疑者は藤沢さんを浴槽に投げ込み、溺死させたということですが、解剖の結果から、藤沢さんの首周辺の骨が折れていたことが分かりました。皆川容疑者が犯行直前に首を絞めたとみられるということです。

 皆川容疑者は「風呂に入れている最中にも排便されて怒りが収まらなかった」と供述しているということで、警視庁は介護ストレスが犯行の動機とみて調べています。(14日11:31)