民進党の小川参議院議員会長は、民進党を今後も存続させた上で、立憲民主党や無所属の議員ら民進党出身者が、再結集することを目指す考えを示しました。
 「残っている民進党をしっかりと存続させて、同じ思いで人がまた集まればなと」(民進党 小川敏夫参院会長)

 また、小川氏は、前原代表が選挙後に参議院も希望の党に合流すると説明してきたことについて、「前原代表のご希望だ」と述べた上で、民進党の参議院議員の過半数は希望の党には行かないという見通しを示しました。(13日17:07)