12日夜、岡山県津山市で空き家が半焼する火事がありました。現場周辺では、今年1月から放火が疑われる火事が18件起きていて、警察が関連について調べています。
 12日午後9時ごろ、津山市小桁の空き家から火が出ているのを、周辺を警戒中の消防団員が見つけました。この火事で、木造2階建ての空き家のうち、およそ80平方メートルが焼けました。けが人はいませんでした。

 この空き家はペットショップを経営する津山市の60歳の女性が所有し、以前は犬の飼育場所として使っていましたが約10年前から使われておらず、普段、火の気はなかったということです。

 現場周辺では、今年1月から空き家などへの放火が疑われる火事が18件起きていて、消防が夜間特別警戒を行っています。警察は連続放火との関連についても調べています。(13日14:50)