東京・渋谷のセンター街で、店の壁に落書きをしたとして19歳の少年が警視庁に現行犯逮捕されました。
 器物損壊の疑いで現行犯逮捕されたのは、日本とアメリカの国籍を持つ19歳の少年で、11日午後11時ごろ、渋谷区のセンター街にある靴販売店の壁にスプレーなどを使って落書きをした疑いが持たれています。

 少年はアメリカに住んでいますが、先月、夏休みで来日したということで、調べに対し、「申し訳ありません」と容疑を認めているということです。現場付近では今月初めごろから同様の落書き被害が数件あり、警視庁が余罪についても調べています。(12日19:42)