12日朝、東京・港区のマンションで厚生労働省幹部の女性が腹を包丁で刺され、死亡しました。警視庁は、女性の52歳の弟を現行犯逮捕しました。
 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは港区に住む52歳の男です。男は午前5時すぎ、港区・高輪の自宅マンションの部屋で、姉で厚生労働省・関東信越厚生局長、北島智子さん(56)の腹を包丁で刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。

 北島さんは病院に運ばれましたがその後、死亡が確認されました。調べに対し男は「私がやりました」と容疑を認めているということで、警視庁は容疑を殺人に切り替え、男の刑事責任能力の有無も含め、調べを進める方針です。

 北島さんは1988年、旧厚生省に入省、保健や福祉の分野を長く担当し、今年7月に現職に就いていました。(12日15:29)