11日、福岡県古賀市の海岸で5歳と7歳の男の子や助けに向かった男性らあわせて4人が沖に流され2人が死亡した事故で、12日朝、新たに行方不明になっていた男の子と父親の遺体が発見されました。
 この事故は11日、古賀市の海岸で5歳と7歳の男の子が溺れ、2人を救出しようとした男性2人も沖に流されたものです。

 12日の朝から再開された捜索で、100メートル沖に小野健くん7歳の遺体が浮いているのが発見されました。また、健くんの父親で会社員の小野克弘さん(36)の遺体が海岸に打ち上げられているのも見つかりました。

 11日は森尾陵くん(5)と助けようとした福岡市・東区の寺田一也さん(49)の死亡が確認されていて、流された4人全員が死亡しました。

 現場周辺では、去年8月にも男性が沖に流されて死亡しています。(12日10:51)