東京・武蔵野市のカラオケ店で酒を飲んで口論となり、20代の男性に顔の骨を折るなど重傷を負わせたとして、会社員の男が警視庁に逮捕されました。
 傷害の疑いで逮捕されたのは、武蔵野市の会社員・吉浦亜久里容疑者(26)です。吉浦容疑者は11日未明、武蔵野市吉祥寺本町にあるカラオケ店で、知人の紹介で知り合った会社員の男性(27)の顔を数回殴り、顔の骨を折るなど重傷を負わせた疑いが持たれています。取り調べに対し吉浦容疑者は「酒を飲んでいて覚えていない」と供述しているということです。

 吉浦容疑者らは事件当時、酒を飲んでいて、警視庁は吉浦容疑者が男性と口論になり犯行に及んだとみて、詳しいいきさつを調べています。(11日21:48)