東京・千代田区の工事現場で、男性作業員3人が地上から地下3階部分に転落し、死亡しました。
 11日午後4時半ごろ、千代田区丸の内の工事現場で「作業員が転落した」と119番通報がありました。東京消防庁の救急隊により、40代の2人と50代1人の男性作業員合わせて3人が助け出され、病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

 5階部分で内壁を作っていたところ、突然、足場が崩れ、3人が地下3階部分まで転落したということです。警視庁は、業務上過失致死の疑いも視野に原因を調べています。 (11日23:10)