10日、奈良県五條市の吉野川で流された高校3年の男子生徒の行方は依然わからず、警察と消防が11日も捜索を続けています。
 捜索は午前7時から警察と消防70人態勢で行われています。五條市の吉野川では10日午後4時すぎ、大阪府柏原市の高校3年・武藤拓弥さん(17)が、一緒に遊びに来ていた友人5人と対岸の岩まで泳いで渡ろうとして流されました。消防によりますと、当時の吉野川は、台風5号の影響で増水していて流れも速かったということです。

 警察と消防は、武藤さんが流された現場から下流に向かって川岸や水中を中心に捜索を続けています。(11日17:23)