今月8日、静岡県にあるJR東海の浜松工場で新幹線が脱線した事故で、車両をクレーンでつり上げレールに戻す作業が始まりました。
 今月8日の夕方に起きた事故では、9号車から11号車の3つの車両が脱線し、JR東海はこれまで、車両を現場にそのまま残して原因を調査してきました。そして、11日午前8時から車両をクレーンでつり上げレールに戻す作業を始めました。

 今回の事故はN700系の16両編成の車両が、時速5キロで動いている最中に脱線しました。JR東海は車両を移動させた上でレールの状況などを確認して、事故原因の究明を進める方針です。(11日12:54)