東京・瑞穂町のパチンコ景品交換所で従業員の女性に千枚通しのようなものを突きつけ脅し、現金を奪おうとしたとして60歳の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは印刷会社の経営者、宮川修三容疑者(60)です。宮川容疑者は10日午前11時前、瑞穂町にあるパチンコの景品交換所で開店のためシャッターを開けようとした従業員の女性(68)に対し千枚通しのようなものを突きつけ「殺されたいか」などと脅し、現金を奪おうとした疑いが持たれています。

 女性がほかの従業員に助けを求めたため宮川容疑者は現金を奪わずに逃走し、およそ1時間後に6キロほど離れた路上で警戒中の警察官に確保されたということです。女性にけがはありませんでした。

 取り調べに対し宮川容疑者は「お金の支払いに困り、やってしまいました」と容疑を認めているということです。(11日08:05)