米国で多くの旅行者が集中するクリスマス休暇に、米アメリカン航空のおよそ1万5000便でパイロットが確保できていないことがわかった。パイロットの勤怠管理システムの不具合が原因だという。