あらゆる国民を瞬時に特定する監視カメラ網の確立を目指しているとされる中国政府。こうした政府のニーズに対応すべく、民間企業の顔認証技術が向上している。人の歩き方から、特定の人物が犯罪を起こそうとしているのか予測する技術も、将来実現する可能性があるという。