イランとイラクの国境付近で12日に発生したマグニチュード7.3の地震は、これまでに450人を超える犠牲者と7000人以上の負傷者を出した。住民の多くが就寝している時間帯に発生したことが、被害拡大の一因となっているようだ。