俳優の福山雅治さんが1月30日、東京都内で開催された、中国人俳優のチャン・ハンユーさんとダブル主演する映画「マンハント」(ジョン・ウー監督、2月9日公開)のジャパンプレミアに登場した。ジョン・ウー監督作品でおなじみの白いハトが羽ばたく演出について、福山さんは「あの瞬間は、チェックしている画面を写メしましたもん。うれしかったですね」と感動していた。

 「マンハント」は、西村寿行さんの小説「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉(わた)れ」(徳間文庫)を映画化。同小説は1976年に高倉健さんと中野良子さんの出演で映画化され、中国で「追捕」というタイトルで公開されて、ブームを巻き起こした。今作は、16年に大阪や岡山を中心に、日本でのオールロケ撮影が行われた。

 国際弁護士のドゥ・チウ(チャンさん)は、自身の送別パーティー後、突然、同僚女性殺害の容疑をかけられる。ドゥ・チウ逮捕に全身全霊を傾けている敏腕警部の矢村聡(福山さん)は、ドゥ・チウを追いつめながら同時に殺人事件の状況証拠を怪しく思い、容疑そのものに疑問を持ち始める……というストーリー。

 この日のイベントには、ウー監督とその娘で殺し屋役で出演したアンジェルス・ウーさん、日本人キャストの國村隼さん、倉田保昭さん、斎藤工さん、桜庭ななみさん、池内博之さん、TAOさんも登場。福山さんは、ウー監督作品への出演について「すごくうれしかったし、光栄でしたし、夢のようなお話でした。それと同時に、アクションも未経験で、出たらだめなんじゃないかと、不安も半々でした」と告白し、「こういうチャンスは、一生ないと思ったんで、監督に飛び込みましたね」と明かした。

 さらに、福山さんは今作はアクションも見どころだと熱弁すると「自分でハードルを上げたなと思ったかもしれない」と苦笑いしつつ、「めちゃくちゃハードです。池内(博之)さんや(斎藤)工さんとも戦うんですけど、本当にハードなんですよね」と撮影の苦労を語った。