女優でモデルの井頭愛海さん(16)が、桜の花がデザインされたオレンジの晴れ着姿でインタビューに応じた。昨年、放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」では、芳根京子さん扮(ふん)するヒロインの娘を熱演。劇中では母親に対して何かと反抗する姿が描かれ、話題を集めた井頭さんは現在、高校2年生で「勉強は極力したくないです。数字が苦手なんです」と苦笑い。またせりふを覚えるのも「苦手です(笑い)。お母さんに相手をしてもらいながら、役のイメージや雰囲気をつかんでから本番に臨んでいました」と明かした。

 井頭さんは、昨年10月期に放送された連続ドラマ「明日の約束」(関西テレビ・フジテレビ系)にも出演。撮影現場では「作品の雰囲気と違って、楽しい現場でした。(主演の)井上真央さんが声をかけてくださったり。同年代の(俳優たちの)メンバーが多くて刺激的でした。演技で負けたくないっていう、切磋琢磨(せっさたくま)した現場でした」と振り返った。

 同世代で気になる女優を聞くと、「明日の約束」で共演した「山口まゆちゃん。同い年で、お話をしていて楽しかったのもありますが、彼女のお芝居が好きで見習いたいなっていう部分が多かったです」と、楽しそうに語った。

 井頭さんは、ティーン向けファッション誌「LOVE berry」(徳間書店)でモデルも務めている。普段は「カジュアル系の服が多いです。最近は黒のアイテムが多い。昔は、ピンクや黄色のアイテムが好きだったのですが、最近は引き出しを開けたら黒か白(笑い)」と話し、「今はファーが付いたアウターをゲットしたいな」と、声を弾ませた。

 今年の抱負については「2017年でやってきたことを存分に生かしたい。今年の最後に自分が頑張ったと思えるようなお芝居とか、皆さんの印象に残るお芝居をして、これから先も頑張っていきたい」と目を輝かせた。