俳優の佐藤健さんと女優の土屋太鳳さんが12月25日、東京都内で開かれたダブル主演映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(瀬々敬久監督)の大ヒット舞台あいさつに登場した。この日は、付き合って8年目というカップルが約600人の観客の前で公開プロポーズし、2人を見守った佐藤さんと土屋さんは、そのまま行われた人前式にも立ち会い、結婚証明書にもサインした。

 24歳の男性が堂々と「君を幸せにする」とプロポーズする姿を見守った佐藤さんは「言うねえ! 僕には言えないですよ。感動しました」とコメント。土屋さんも「見ているこっちが緊張した」と明かして、2人を祝福していた。

 映画は、岡山県在住の中原尚志さんと麻衣さん夫妻がモデルとなった実話を書籍化した「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)が原作。尚志(佐藤さん)と結婚を約束した麻衣(土屋さん)が、結婚式の3カ月前、原因不明の病気に襲われる。意識不明となった麻衣さんは数年後、意識を取り戻すが……というストーリー。