相模鉄道は17日、東京都心への乗り入れを考慮して設計した新型車両「20000系」を同社の車両センター(神奈川県海老名市)で報道関係者に公開した。相鉄線の新たなイメージカラーである濃紺に彩られた車体は、通勤型車両としては珍しい、立体的な先頭形状を採用。車内は、一部の優先席に立ち座りしやすいシートを導入したり、ベビーカーなどが置けるスペースを設けたりして利便性を向上させたほか、個別ドアスイッチや空気清浄機を装備し、快適性も高めた。  相鉄は2019年度にJRと、22年度に東急東横線と相互直通運転を予定している。同社の車両は、東急線と規格が大きく異なるため、準備期間を勘案し、先行して東急向け車両の20000系を製造。車体の幅は、東急線で一番狭い目黒線に対応し、先頭車には緊急避難用の扉も設けた。  20000系は10両1編成で、2月11日から運行が始まる。