※動画配信は終了しました。
 来年1月に開催される「ミス日本コンテスト2018」に出場するファイナリストが4日、東京都内でお披露目された。応募者2803人の中から地区大会、全国補選などで選ばれた14人が登場。大会に向け意気込みを語った。  女優の山本富士子、藤原紀香らを輩出したミス日本コンテスト。50代目のグランプリを目指すファイナリストは、会社員の佐藤佑香さん(25)、モデルの浦底里沙さん(21)、お茶の水女子大3年の田中香穂さん(21)、会社員の市橋礼衣さん(23)、早稲田大学3年の野田夏希さん(22)、東京大学1年の岡部七子さん(18)、アルバイトの水草文香さん(23)、慶応大学3年の高橋茉莉さん(21)、大阪歯科大学3年の寺浦帆南さん(21)、東京音楽大学2年の山田麗美さん(20)、早稲田大学1年の霜野莉沙さん(19)、神戸女学院大学1年の氏野遥南さん(18)、東京女子医科大学5年の野小百美さん(23)、近畿大学2年の竹川智世さん(20)。  大会は2018年1月15日に開かれ、振袖、ドレス、水着姿での審査のほか、質疑応答が行われる。容貌容姿、プロポーション、教養、オリジナリティーの面を審査員が採点し、ミス日本グランプリのほか、ミス日本の各賞が決まる。