【12月22日 AFP】韓国中部の堤川(Jecheon)で21日、フィットネス施設が入ったビルで大規模な火災が発生し、少なくとも29人が死亡、26人が負傷するなど、同国史上最悪の火災事故となった。消防当局が明らかにした。

 火災は午後4時(日本時間同)ごろ発生。すぐに8階建てのビル全体に火の手が回り、多数の人々が建物内部に閉じ込められた。

 AFPの取材に応じた消防当局の報道官は、犠牲者のうち20人はサウナで発見され、その他の犠牲者は公衆浴場やレストランが入ったビルの各所で見つかったと話した。

 現在も消防隊員が建物内で捜索活動を行っており、死者の数はさらに増える可能性もあるという。(c)AFP/AFPBB News