はじめに

箱根ロープウェイと箱根登山ケーブルカーの乗換駅である早雲山駅舎が、2020年6月24日に新スポット「cu―mo箱根」をニューオープンします! ショップや足湯、展望デッキなどがあるので、またひとつ早雲山エリアの観光スポットが増えそうですよ。 早雲山駅舎をリニューアル

早雲山駅舎をリニューアル

2020年6月24日にオープンする「cu―mo箱根」は、箱根登山ケーブルカーと箱根ロープウェイの中継駅である早雲山駅舎をリニューアルした施設です。箱根外輪山や強羅の街並みを一望でき、晴れた日には相模湾までも見渡せるという絶好のロケーションを活かした新スポットに生まれ変わります。

眺望のいい展望デッキや、そこでほっこりと休憩できる無料の足湯、オリジナルスイーツやグッズを販売するショップなど、このエリアの旅がさらに面白くなりそうですね。 箱根ゴールデンコースとは

箱根ゴールデンコースとは

早雲山駅舎のある早雲山エリアは、箱根湯本か交通機関を使って箱根を周遊する「箱根ゴールデンコース」の中継地点です。箱根の玄関口である小田原・箱根湯本を起点として、箱根登山電車、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ、そして箱根海賊船、箱根登山バスをループ状に回ります。

「箱根ゴールデンコース」をたどれば、箱根の人気スポットを効率よくスムーズに回れるようになっているので、車がなくても日帰り旅行でも箱根を気軽に満喫することができるんです。1960年に箱根ロープウェイが全線開業したことによって完成した「箱根ゴールデンコース」は、今年の2020年9月7日で開通60周年を迎えるので、今年は特に注目ですよ!

駅舎1階も使いやすく

駅舎1階も使いやすく

「cu―mo箱根」は早雲山駅舎2階にオープンしますが、駅自体は地下1階がテーブルカー乗り場と売店、地上1階がロープウェイとケーブルカーの改札、そして出入り口となっています。

早雲山駅の新駅舎も、バリアフリー設備も充実し、きれいで使いやすくなる予定なんだとか。パウダーコーナー付のトイレや多目的トイレ、授乳室や救護室なども用意されるほか、木目を基調とした温かみのある空間となるので旅の休憩地点として重宝できそうです。
箱根ゴールデンコース60周年

箱根ゴールデンコース60周年

「箱根ゴールデンコース」が2020年9月7日に開通60周年を迎えるにあたり、さまざまなキャンペーンが予定されているそうですよ。

6月24日の早雲山駅リニューアルと「cu―mo箱根」のオープンに加え、箱根ゴールデンコースオリジナルテーマ曲が導入されたり、箱根各所の情報ディスプレーが多言語に対応する形で全面リニューアルされたりと、箱根湯本駅各窓口がより分かりやすい総合サービスカウンターとしてリニューアルする予定です。また、箱根登山ケーブルカーではなんと新型車両がデビュー! ますます充実する箱根に、足を運びたくなりますよね。

◆cu―mo箱根
場所:早雲山駅2階
電話番号:03-6888-7806
営業時間:9:00~17:30 
定休日:無休

おわりに

「cu-mo箱根」は、箱根観光の定番ルートの中継地点に作られる新しいスポットとなります。絶景を眺めたり、足湯に入って休憩したり、旅の途中にぜひ立ち寄ってみてください。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「【箱根】早雲山駅舎をリニューアルした新スポット「cu―mo箱根」が6月24日にオープン!