はじめに

常にエアコンが効いているホテルの部屋や移動中の飛行機、新幹線の中。快適ですが、乾燥が気になりますよね。ますます乾燥しやすくなるこの季節の旅行に持っていくのにおすすめの、注目のオーガニックコスメをご紹介します。旅のお供にコスメを新調しませんか? フレッシュな植物の力を実感 NEMOHAMO(ネモハモ)

フレッシュな植物の力を実感 NEMOHAMO(ネモハモ)

「NEMOHAMO」(ネモハモ)は、京都の四条河原町に開業予定である複合型商業施設「GOOD NATURE STATION」発のオリジナルオーガニックコスメブランドです。特徴は、「効く」オーガニックコスメ。植物を丸ごと低温真空抽出法でエキスにすることで、植物の持つ酵素やビタミン、ミネラルをフレッシュなまま閉じ込め、植物の力を実感できます。素材はコメヌカやツバキ、ユズ、ホホバなど約20種類。自社農園と山を所有しており、製造過程だけでなく素材にもこだわって作られているのがわかります。

スキンケアとトイレタリーがフルラインでそろっているので、植物のパワーを余すところなく取り入れられます。クレンジングオイル、洗顔ソープ、ブースターオイル、ローションに、フルバリア美容液、そしてシャンプーやトリートメントが発売予定です。 フランス発、日本初上陸のブランド CASANERA(カサネラ)

フランス発、日本初上陸のブランド CASANERA(カサネラ)

「CASANERA(カサネラ)」は、日本初上陸となるフランス産の高級オーガニックコスメです。地中海のコルシカ島で育った植物を使い、伝統的なレシピで作られています。ブランドの代表がアレルギー体質のため、科学的香料などを使わないコスメが欲しいという思いで作られたので、肌に優しいことが最大の特徴。なので、肌が敏感な人には特におすすめです。

また、エイジングケア効果があると注目されている植物性エキス「イモーテル」を使用し、原産国コルシカ島の最高級エッセンシャルオイルを使っています。艶やかでハリのある肌を目指すときのケアにぴったりなのだとか。乾燥だけでなく、肌のたるみが気になる方も試してみては? ソープやソアンオイルのほか、コルシカ島の植物、花々、果実から作られた化学香料を使用していないディフューザーやルームフレグランス、キャンドルのセットもあります。 温泉成分でアンチエイジング 「ONSENSOU Beppu Japan」

温泉成分でアンチエイジング 「ONSENSOU Beppu Japan」

温泉から発見された新種の微生物を使った、ちょっと珍しいヘアケアブランドが、「ONSENSOU Beppu Japan」です。日本随一の温泉地である大分県の別府に本社を構える株式会社サラヴィオ化粧品が、別府温泉由来の天然成分の研究を進めた結果、誕生しました。商品に配合されている「温泉藻類(R)」は、株式会社サラヴィオ化粧品が発見した新種の微生物で、優れた抗炎症作用を持っています。頭皮のアンチエイジングやヘルスケア、スキンケアなど、幅広い効果があるそう。

ラインナップは、「温泉藻配合頭皮ケアシャンプー(メントール配合)」、「温泉藻配合頭皮ケアシャンプーマイルド」、「温泉藻配合頭皮ケアトリートメント」となっていてすべてシリコーンやタール色素フリーとなっています。

おわりに

旅行中に気になる乾燥をケアしてくれるオーガニックコスメをご紹介しました。肌に優しいオーガニックコスメを旅に持っていけば、暖房の効いたホテルの滞在の時間もさらに楽しくなりますね。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「旅行中に気になる乾燥をケア! おすすめオーガニックコスメ3選