はじめに

今年9月に新しく登場した「iPhone 11シリーズ」。これまでのiPhoneもカメラ性能に定評がありましたが、今回のモデルではさらにパワーアップ。旅先での撮影にぴったりの機能も搭載されているので、旅好きのパートナーにベストマッチのスマートフォンとなっています。今回はカメラ以外にも、旅先で使える便利な機能をご紹介していきます。

Text&Photo:中山智 iPhone11最大の特長「トリプルカメラ」

iPhone11最大の特長「トリプルカメラ」

iPhone 11シリーズのカメラでいちばんのポイントとなるのが、「超広角レンズ」を搭載したこと。そのため「iPhone 11」では超広角と標準とデュアルカメラ。「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」は超広角と標準に加えて望遠のレンズを組み合わせたトリプルカメラになっています。 超広角レンズを搭載したことにより、より広い画角で写真が撮れます。たとえば広々とした雄大な景色をできるだけ広範囲に捉えたいときに最適。逆に狭い場所でも撮影範囲が広いので、泊まってるホテルの部屋を撮影したりするのにぴったりです。

とりあえず撮って、あとから調整可能

iPhone 11シリーズでは、さらに超広角レンズを使ってミスショットを防ぐこともできます。たとえば撮影した写真をあとから確認したら、傾いた構図で撮れていたというのはよくあること。こういった場合でも、カメラ設定の「写真のフレームの外側を含めて撮影」という機能をオンにしておけば、あとから傾きを修正できます。 もちろんこれまでのスマートフォンでも画像編集で傾きは修正できましたが、その場合は写真に写っている範囲内での修正のため、修正後は映っている範囲が小さくなってしまいます。ところがiPhone 11シリーズでは「写真のフレームの外側を含めて撮影」をオンにしておくと、標準と同時に超広角で捉えた写真も撮影して保存された状態になります。写真編集で傾きを調整する際に、超広角で捉えた画像を元に編集できるため、編集後も映っている範囲がほとんど狭くならないのです。 これなら斜めに撮れてしまったとしてもあとからいくらでも修正が効くので、シャッターチャンスだけに集中して撮影すればOKです。 いままであきらめていた夜景の撮影も◎

いままであきらめていた夜景の撮影も◎

また、前モデルと比べて暗所での撮影も強化されています。夜景撮影だけでなく、暗い場所でもストロボを光らせずに撮影できるので、雰囲気のあるレストランなどで撮影するときに便利です。

便利機能はカメラ以外にも! ①eSIM

カメラ以外でも旅行向け、特に海外旅行におすすめの機能がiPhone XSシリーズやiPhone XRから搭載されている「eSIM」です。iPhone 11シリーズではSIMカードをセットすることで、モバイル通信ができるようになっていますが、このSIMの機能を実際のカードを使わずに利用できる機能。つまり最新のiPhoneは実際のSIMカードとeSIMのデュアル仕様になっています。 そのため、日本で使っている実際のSIMカードは挿したまま、海外ではeSIM向けのプリペイドプランを購入してデータ通信などはそちらを使うということができます。もちろん日本で使っているSIMは挿したままのため、日本からの着信も受けられます。

eSIMサービスは、たとえばauでは「海外データeSIM powered by GigSky」というプランを提供しています。このプランを使えば、ローミングでデータ通信を行うよりおトクになります。そのほかeSIMのプランは世界各国でいろいろな事業者がサービスをしているので、興味のある方はいろいろと調べてみましょう。ただしSIMロックされている状態だとeSIMは使用できません。ドコモやau、ソフトバンクで購入している場合は、SIMロックを解除しておくことが必要です。

便利機能はカメラ以外にも! ②Apple Pay

もうひとつ便利なのが「Apple Pay」です。日本でも利用できる店舗が増えてきていますが、Apple PayならiPhoneをタッチするだけで支払いができるので便利。海外で使用する場合、Mastercardブランドのクレジットカードが海外での支払いにも対応(一部のカードは非対応)しています。 Apple Payが利用できるシーンの一例として、イギリス・ロンドンの地下鉄やバスの運賃支払いがあります。使い方はApple Payで支払いができるようにしておいて、日本と同じように改札機やバスの乗り口などにあるセンサーにタッチするだけ。Suicaなどの交通系カードと同じように使えるわけです。ちなみにロンドンの公共交通機関は一日の乗車賃の上限が決まっており何回乗車しても一定以上の運賃は請求されませんが、Apple Payでも同じシステムになっています。 そのほかお店の入り口などにApple Payのマークがあれば、利用できる可能性は高いです。各国で決済のシステムや契約内容が違っており、必ずしも利用できるわけではありませんが、カバンから財布を出したり、クレジットカードを使うよりも手軽で簡単。そしてなにより紛失や盗難の心配が少なく安全なのでおすすめです。

おわりに

もちろん地図や翻訳といった旅先で役立つアプリも多数。旅のお供としてスマートフォンを選ぶなら、最新のiPhone 11シリーズがおすすめですよ。



◆中山智
海外取材の合間に世界を旅しながら記事執筆を続けるノマド系テクニカルライター。雑誌・週刊アスキーの編集記者を経て独立。IT、特に通信業界やスマートフォンなどのモバイル系のテクノロジーを中心に取材・執筆活動を続けている。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「最新カメラ搭載のiPhone11、旅先で使える便利な機能